ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国アイランドリーグplus

CS開幕 MP初戦黒星

2018年9月23日(日)(愛媛新聞)

【香川―愛媛MP】3回表愛媛MP1死、岡村が右越えに先制の本塁打を放つ=レクザムスタジアム

【香川―愛媛MP】3回表愛媛MP1死、岡村が右越えに先制の本塁打を放つ=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusの年間総合優勝を決めるチャンピオンシップ(CS)が22日、香川県のレクザムスタジアムで開幕した。後期優勝の愛媛マンダリンパイレーツ(MP)は、前期優勝の香川との第1戦に臨み、1―2で敗れた。

 愛媛MPは三回に本塁打で先制したが、四回に失策で逆転を許した。

 第2戦は23日午後6時半から、香川県のレクザムボールパーク丸亀で行う。

 

 【評】愛媛MPはピンチでの失策が最後まで響いた。

 先発樽見は六回途中まで粘投。四回に2連打と四球で無死満塁のピンチを招くと、二ゴロから野手の失策が絡んで2点を失った。救援の片山、クインティンは追加点を許さなかった。

 打撃は三回、1死から岡村が右越えにソロ本塁打を放って先制。九回は敵失や死球、単打で2死満塁とするも、投ゴロに倒れた。

 

◆出だしつまずく◆

 【愛媛MP・河原監督】(逆転負けで初戦を落とし)「失策が重なり、出だしからつまずいてしまった。短期決戦はワンプレーで流れが決まってしまうので、もう一度気持ちと体の準備をして試合に入りたい」

 

◆気持ち切り替える◆

 【愛媛MP・樽見投手】(先発し、六回途中までを5安打2失点)「(CSという)プレッシャーはなかったが、先頭打者を出してしまう回が多かった。次の試合からは気持ちを切り替えて、より集中して臨みたい」

 

チャンピオンシップ第1戦

(香川1勝、18時31分、レクザムスタジアム、1103人)

123456789
愛媛(後期優勝)0010000001
香川(前期優勝)00020000X2

▽勝 石田1試合1勝

▽S 原田1試合1S

▽敗 樽見1試合1敗

▽本塁打 岡村1号①(愛)

▽二塁打 笠原、妹尾

▽失策 ペレス、新井、真山、原田

▽暴投 樽見、片山

▽与死球 片山(三好)原田(中西)

▽試合時間 2時間51分

 

[航海日誌]

【岡村先制弾も守備乱調】

 1点を追う九回、2死満塁で9番岡村が打席に入った。初球を振り抜くも、相手投手のグラブに打球が収まり、投ゴロでゲームセット。逆転を信じた三塁側スタンドからため息が漏れた。

 大事な初戦を落としたものの、先手を取ったのは愛媛MPだった。0―0の三回、岡村は「相手はリーグを代表する投手。来た球を積極的に打つ」と気持ちを高めていた。3球目のスライダーに「体が反応した」。打った瞬間に「入ったな」と確信したという打球は右翼ポール際へぐんぐん伸び、スタンドへ消えた。チーム初安打となる鮮やかなソロホームランで先制した。

 ところが四回、失策が絡んで逆転を許すと、一気に流れを失った。終わってみれば、4安打に封じられた愛媛打線。守備も3失策と乱れた。主将の福田は「バッティングは水物で打てないときもある。だからこそ守備をしっかりしないといけない」と受け止めた。

 怒濤(どとう)の追い上げで後期優勝を飾った愛媛ナイン。徳島との激闘から3日、CS初戦はどこか集中力を欠いていたように映った。「CSは多くて5試合。1勝が大切で、1球の重みが違う」と岡村。短期決戦の怖さを身をもって体感しつつ「最後は追い上げることができた。次につながる」と巻き返しを誓った。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。