ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
618日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会代表質問

今治獣医学部 公共性踏まえ再会見を 知事 学園の対応 善意に解釈

2018年9月20日(木)(愛媛新聞)

逢坂節子(社民)

逢坂節子(社民)

 9月定例県議会は19日、代表質問を続け、逢坂節子(社民)氏が登壇した。

 

 ―学校法人加計学園による今治市での獣医学部新設を巡って、県内の報道各社が求める記者会見に学園が応じていない状況をどう受け止めるか。

 中村時広知事 豪雨災害を踏まえ(会見実施の)タイミングを考えていると現段階では善意に解釈している。学園の運営には全国民の税金が投入されるという高い公共性を踏まえ、公的機関に対し虚偽の報告を行ったことの重みを学園はいま一度受け止める必要があると考える。

 県内の豪雨災害対応も第1段階の応急対策の見通しが立ち、復興対策に踏み出していく段階を迎えている状況にあるため、理事長が速やかに愛媛の報道機関も含めてオープンな形であらためて会見を行い、一連の問題について丁寧に説明をしていただきたい。

 

 ―児童虐待の通報や相談を受け付ける共通ダイヤルの通話料無料化の方針を受け、児童相談所の機能強化への取り組みは。

 山口真司保健福祉部長 児童相談所への専門職の計画的な配置や、研修による専門性の向上に努め、関係機関との緊密な連携の下、住民理解を図りながら児童虐待の防止と細やかな相談対応に努めたい。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。