ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1211日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2分でわかる 雪次郎先生のバスケ講座

バスケを知ろう(4)得点、コート編

2018年9月18日(火)(愛媛新聞ONLINE)

 

 バスケットボールの魅力の一つに、得点がいっぱいはいるということがあります。ゲームによっては、100点を超える試合もあります。どうやったら得点はいっぱい入るのか。

 得点は1点、2点、3点の3種類あります。緑の線のエリア、3ポイントラインの外側から決めたら3ポイントシュート。内側から決めたら2点。フリースローは1点。フリースローラインから、だれにも邪魔されずシュートが打てます。何かしらファールがあったときにフリースローが打てます。

 

 前半と後半で攻める方向が変わるんですが、前半は自分たちのホーム側ベンチから逆方向に攻めます。ホーム側コートではディフェンスを行います。

 後半はコートチェンジして、逆側に攻めることになります。アウェー側でディフェンスします。前半と後半でコートチェンジするということを覚えていただければ、後半から観戦に来ても、ホーム側に攻めているのがバイクスだとすぐにわかります。

 

 僕から一つアドバイスですが、後半はホーム側に攻めるようになるので、ベンチの選手も盛り上がっていますが、ホーム側の席に座っている人も臨場感あふれ、最後に緊迫した中でシュートを決めているところが間近で見られるので、ホーム側に席を取ってもらえると楽しいと思います。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。