ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

五輪エピソードなど披露

柔道家・野村さん、新田高校で講演「選んだ道に挑戦を」

2018年9月12日(水)(愛媛新聞)

五輪3大会の金メダルを披露し、諦めない心の大切さを説く野村忠宏さん=11日、松山市山西町

五輪3大会の金メダルを披露し、諦めない心の大切さを説く野村忠宏さん=11日、松山市山西町

 五輪の柔道男子60キロ級で3連覇を果たした柔道家の野村忠宏さん(43)の講演会が11日、松山市山西町の新田高校であり、夢の実現には「自分を信じて諦めずに努力を続けることが重要」と説いた。

 生徒約1500人を前に野村さんは「自分の決断を大事にしてきた」と説明。中学、高校と強豪校に進んだものの、全国レベルの結果が出せず「体も小さく、本当に弱かったが、現状の力を認めつつ、未来の自分に期待しながら必死に練習していた」と振り返った。

 大学で恩師の細川伸二氏(ロサンゼルス五輪金メダリスト)と出会って成長し、初出場のアトランタ五輪で金メダルを獲得するまでのエピソードも披露。「意識を変え、練習の質が上がった。意識はすぐに変えられる」と語った。

 三つの金メダルを手に野村さんは、40歳で現役引退した柔道人生を「続けたからこそ出会えた自分がいる。可能性は限りない。選んだ道から逃げずに挑戦してほしい」と締めくくった。

 講演会は大塚製薬が全国で展開するイベントの一環。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。