ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Bリーグ・アーリー杯

愛媛OV西日本準V 決勝で熊本に逆転負け

2018年9月11日(火)(愛媛新聞)

【熊本―愛媛OV】第2クオーター、シュートを決める愛媛OV・楯=9日、松江市総合体育館

【熊本―愛媛OV】第2クオーター、シュートを決める愛媛OV・楯=9日、松江市総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグの前哨戦として地区優勝を争う「アーリーカップ2018」が7~9日、松江市の市総合体育館など6会場で行われ、2部(B2)の愛媛オレンジバイキングス(OV)は西日本地区で準優勝した。

 アーリーカップは2017~18年シーズンから始まったBリーグの公式トーナメント戦。今大会は全国を6地区に分けて35チームが出場し、西日本地区はB1とB2から愛媛OVなど計6チームが参加した。

 新体制の愛媛OVは、初戦でB2広島に89―81で勝利。準決勝は今季B1に昇格した福岡を相手に、ともに新加入のジョンソンやフィッツジェラルドの2点シュートなどで前半を11点リードで折り返した。後半は笠原が残り2分から6点を挙げるなど80―76で逃げ切った。

 決勝は、元愛媛OVの俊野佳とタプスコットを擁するB2熊本と対戦。第2クオーター序盤、2点ビハインドから楯の逆転3点シュートで勢いに乗ると、岡本や新加入の小原が内外角からシュートを決めてリードを広げた。しかし、後半猛攻を受けて逆転され、第4クオーターも及ばなかった。

 愛媛OVは、28日に松山市総合コミュニティセンターで行われるシーズン開幕戦で広島と対戦する。

 

◆後半持ち味出せず◆

 【グレスマンヘッドコーチ(HC)の話】初戦、準決勝と勝ち進み、決勝前半もディフェンスをしっかり行い対等な試合ができていた。後半は持ち味の走るバスケや相手のミスを誘うプレーができず、悔しいし、課題だ。

 

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。