ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

今季初

松山・湯山小でインフル集団発生、学級閉鎖

2018年9月11日(火)(愛媛新聞)

 松山市教育委員会は10日、湯山小学校の2学級でインフルエンザが集団発生したと発表した。12日までの3日間、2年生1学級(31人)と4年生1学級(33人)を閉鎖する。県健康増進課によると県内の学校では今季初めてで、1997年シーズン以降では2015年に次ぐ早さという。

 市教委によると、同校では2年生の16人がインフルエンザと診断され、ほかに2人も発熱などで欠席。4年生の9人もインフルエンザと診断された。大雨の影響により10日の午前中は休校で、2学級の児童は登校しなかった。

 市教委保健体育課は10日、市内の全83小中学校に手洗いやうがい、マスクの着用など感染拡大を防ぐよう文書を配布。同課は「要因は分からないが、今年は例年より集団発生の時期が早かった。感染予防を徹底してほしい」と呼び掛けている。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。