ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会日程

本会議(代表質問)

2018年9月19日(水)(愛媛新聞)

 9月定例県議会、代表質問(午前10時30分開議)

 質問者は

 逢坂節子議員(社会民主党)、木村誉議員(公明党)

 

○ 逢坂節子議員(社会民主党)

1 発災後の応急対応に係る課題を洗い出し、地域防災計画の見直しや、防災・減災体制の改善につなげる必要があると考えるがどうか。

 

2 獣医学部の新設問題について

(1)加計学園が記者会見に応じないことについて、どう受け止めているのか。

(2)今後の加計学園の対応次第では、補助金の支出について、見直すべきと考えるがどうか。

 

3 核兵器問題と平和教育について

(1)政府がトランプ政権の核軍拡を支持し、その核の傘下で核抑止の強化を主張するなど、米国に追従する態度を取っていることに対する所見はどうか。

(2)将来を担う子どもたちにどのように平和教育を進めていくのか。

 

4 エネルギー問題について

(1)今後、乾式貯蔵の安全性や使用済核燃料の保存期間の情報について、四国電力にどう働き掛け、県民に発信していくのか。

(2)再生可能エネルギーの一層の普及に向けた今後の取組みはどうか。

 

5 子どもの貧困と虐待について

(1)今後、子どもの貧困問題解決に向けた支援にどう取り組むのか。

(2)児童相談所の機能強化のため専門職の確保及び育成を始め関係機関との連携強化や地域住民の意識啓発を図る必要があると思うが、今後の取組みはどうか。

 

6 会計年度任用職員制度の施行に際し、人件費の圧縮を目的とした正規職員の人員削減に係る考えはどうか。また、職員団体との協議を今後どう進めるのか。

 

7 知事は、これまでの県政をどう評価し、県政の現状と課題をどのように認識しているのか。また、今後の県政の発展に向けた思いはどうか。

 

○ 木村誉議員(公明党)

1 平成30年7月豪雨災害について

(1)異常気象と豪雨災害との関連性を気候変動の観点からどう認識しているのか。また、気候変動適応法を踏まえた地域防災計画の見直しをどう考えているのか。

(2)洪水対策の強化について

ア 中小河川の洪水回避に向けて流域整備及び治水対策の強化にどう取り組むのか。

イ 洪水による被害を軽減するため、関係機関とどう連携し、避難体制を支援するのか。

(3)今回の豪雨災害でのソフト面の課題をどのように認識し、地域防災力の強化に向けてどう取り組んでいくのか。

(4)市町の災害廃棄物処理計画の策定状況はどうか。また、今回の災害を踏まえ、より実効性のあるものとするため、市町の計画策定をどう支援するのか。

 

2 大連市との経済交流に今後どのような構想を持ち取り組んでいくのか。

 

3 本県林業の成長産業化の実現に向け、久万高原町の林業成長産業化地域構想をどう位置付け、どのように取り組むのか。

 

4 駐車規制の見直しについて

(1)松山市中心市街地での貨物の集配や運送の実態をどう認識しているのか。また、運送事業者からこれまでにどのような要望があったのか。

(2)警察庁による駐車規制の見直しの動きを受け、どう対応していくのか。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。