ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛の日本酒で乾杯

10月1日、ほろよいフェスタ2018開催

2018年9月5日(水)(愛媛新聞E4編集係)

 

 愛媛の地酒を集めた「ほろよいフェスタ2018」(県酒造協同組合主催)が、日本酒の日の10月1日、松山市堀之内の城山公園で開催される。県内の16蔵元が、それぞれ5~10銘柄の日本酒を出品し、愛媛の地酒が堪能できるイベントだ。参加者の事前申し込みを受け付けている。

 2007年から始まった同フェスタは今年で12回目。会場には県内の16蔵元がブースを出し、参加者は試飲カップを持って各ブースを回り、いろいろな地酒を楽しめる趣向。きじ串焼きやおでん、じゃこ天、カキ焼きそばなど、愛媛のうまいもん屋台も出店する。

 事前申し込み制で先着1500人。会費は4000円(屋台で使える1000円の金券付き)。会場には座席を設け、秋の夜長に地酒と愛媛のグルメがゆったりと楽しめる。申し込み締め切りは9月20日。参加申込書に記入し、県酒造組合(ファクス:089-913-1371、メール:sake@ehime-syuzou.com)へ申し込む。

 

【開催概要】

日時:受付開始10月1日午後6時から、開演は午後7時から

場所:松山市堀之内 城山公園

定員:先着1500人

会費:一人4000円(1000円の金券付き)

申し込み締め切り:9月20日

<参加酒蔵>

石鎚、伊予加儀屋、梅錦、開明、京ひな、小冨士、桜うづまき、酒仙栄光、城川郷、寿喜心、千代の亀、仁喜多津、華姫桜、山丹正宗、日本心、雪雀

<問い合わせ先>

県酒造組合=電話089-913-8030

    おすすめ記事

    <企業広報>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。