ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内17年度

がん検診受診率、全6種別で下落 

2018年9月4日(火)(愛媛新聞)

 

 県生活習慣病予防協議会(会長・村上博県医師会長)が3日、松山市三番町4丁目の県医師会館であった。2017年度の県内20市町のがん検診受診率(全年齢)の報告があり、全6種別で16年度を下回っていた。

 がん種別の受診率は、胃がん8・4%(16年度比0・5ポイント減)、大腸がん15・0%(0・5ポイント減)、肺がん14・6%(0・2ポイント減)、乳がん21・5%(1・5ポイント減)、子宮頸(けい)がん20・2%(0・5ポイント減)、前立腺がん12・3%(0・8ポイント減)。

 県は「受診者数、受診率は、自己負担の無料化などの対策を講じた年は一時的に上昇するが、総じて年々減少している状況だ」と報告。人口規模が小さい市町に比べ、松山市や今治市などでは比較的受診率が低い傾向にあると説明した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。