ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
223日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内全域、暴風域に

台風21号、きょう4日昼前 最接近

2018年9月4日(火)(愛媛新聞)

 

 非常に強い台風21号は沖縄・南大東島の東の海上を北上し、4日昼ごろにも紀伊半島や四国に上陸、関西を直撃する恐れがある。非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、1993年の台風13号以来25年ぶり。気象庁は暴風、高波や高潮、土砂災害、浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 

 松山地方気象台が3日午後5時7分に出した県気象情報によると、県内には4日昼前に最接近し全域が風速25メートル以上の暴風域に入る見込み。局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、1時間雨量は多いところで東予60ミリ、中・南予50ミリと予想される。4日午後6時までの24時間予想雨量は多いところで250ミリ。4日に予想される最大風速は県内全域で陸上20メートル、海上25メートル、最大瞬間風速は陸・海ともに35メートル。波の高さは南予でうねりを伴い5メートル、東・中予で3メートル。

 気象台は3日午後4時25分、県内に雷、強風の注意報、東・中予に波浪注意報を出し、午後8時半に南予に波浪警報を出した。

 台風接近に伴い、県内の交通機関も運休や欠航を決めた。JR四国によると、4日は始発から松山―岡山・高松を含む四国内全ての特急を運休。普通列車は予讃線高松―伊予市間で午前9時ごろまで運行する以外は、県内全ての区間で始発から運休する。西日本豪雨の影響で八幡浜―宇和島間で実施中のバス輸送も始発から運転を取りやめる。

 航空便では、日本航空が4日の伊丹便のうち午前8時35分と午後3時45分松山発、午後2時25分伊丹発の計3便の欠航を決定。ピーチ・アビエーションの関西便も1往復が欠航する。全日空なども計29便の欠航を決めた。

 船便は、八幡浜・三崎と大分県の別府や臼杵、佐賀関を結ぶフェリーが3日夜以降欠航。オレンジフェリーは3日の東予―大阪の上下計2便、新居浜―神戸の4日午前1時10分神戸発の運航を取りやめた。

 高速バスも各社で関西や広島方面、四国内の路線で4日早朝から夕方までの便を中心に運休を決めた。

 宇和島市は3日午後5時、高光地区と土砂崩れなどへの警戒が緊急的に必要な吉田地域の「緊急警戒区域」(1958世帯、4770人)に避難準備・高齢者等避難開始を発令。市によると、避難所を13カ所開設し、午後8時時点で8世帯10人が身を寄せた。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。