ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1115日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

JFL・第6節

FC今治、涙の大敗

2018年9月3日(月)(愛媛新聞)

【FC今治―ホンダFC】大敗を喫し、試合後に肩を落とすFC今治の選手=ありがとうサービス.夢スタジアム

【FC今治―ホンダFC】大敗を喫し、試合後に肩を落とすFC今治の選手=ありがとうサービス.夢スタジアム

【FC今治―ホンダFC】後半、ゴール前で仕掛けるFC今治・桑島(右)=ありがとうサービス.夢スタジアム

【FC今治―ホンダFC】後半、ゴール前で仕掛けるFC今治・桑島(右)=ありがとうサービス.夢スタジアム

 

 日本フットボールリーグ(JFL)は2日、ありがとうサービス.夢スタジアムなどで第2ステージ第6節の7試合を行い、FC今治は11連勝中の首位ホンダFCに1-4で敗れ2連敗となった。第2ステージ通算成績は2勝2分け2敗(勝ち点8)で順位は7位、年間順位は6位にそれぞれ下がった。

 FC今治は、相手の速いプレッシャーや正確なパス回しに終始リズムをつかめず、CKやカウンターなどで4失点。後半30分に桑島が1点を返すのが精いっぱいだった。

 次節は、9日午後1時から、青森県八戸市のダイハツスタジアムでヴァンラーレ八戸と対戦する。

 

 【評】FC今治は序盤から主導権を握られ、4失点の大敗を喫した。

 前半17分、警戒していたセットプレーから先制点を献上。後半16、18分にも立て続けに失点し、試合を決められた。30分に桑島のゴールで一矢報いたが、終了間際にも前掛かりになったところで追加点を許し、力の差を見せつけられた。

 

 【ホンダFCに1―4 王者と力の差】

 まだまだ力が足りない―。「Jへの門番」の異名を持つホンダFCからそう突きつけられたような試合だった。速いパスでプレーをつなぎ、スペースに次々と選手が入り込み守備を崩していく。絶対王者のサッカーが夢スタで展開された。

 J3昇格へ、今治イレブンが「絶対に負けられない試合」と臨んだ一戦。しかし序盤から数的優位をつくられ、いつ先制点を奪われてもおかしくない状況が続くと、前半17分に失点。その後も再三ピンチを迎え、攻撃の糸口を見いだせなかった。

 相手が中盤に厚みを持たせた攻撃を仕掛けてくることは分かっていたが、太田は「サイドの選手が中央に侵入し、動きをつかみきれずマークにズレが生じた」と振り返る。後半も修正が利かず、立て続けにゴールを奪われ、終わってみれば今季最多の4失点を喫した。

 ホンダFCの井幡監督は「勝つだけじゃなく、勝ち続けなければいけないチーム」と言い切る。確かな技術と勝者のメンタリティーを兼ね備えた相手に、FC今治は太刀打ちできなかった。

 「甘かった」と反省を込めた上村は「もう一度、自分たちのサッカーを見直さなければいけない」と厳しい表情で話した。王者が示した今治の現在地。昇格へ向け提示された課題は多い。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。