ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

夢に挑戦、体動く限り

2日、松山でマスターズ甲子園県大会開幕 

2018年9月3日(月)(愛媛新聞)

選手宣誓する帝京第五高OBの松本健治主将=2日、坊っちゃんスタジアム

選手宣誓する帝京第五高OBの松本健治主将=2日、坊っちゃんスタジアム

 元高校球児らによる「マスターズ甲子園2018」の県大会開会式が2日、坊っちゃんスタジアムであり、10月6日から始まる予選リーグに向け気持ちを高めた。

 県高校野球OB連盟主催。今年は豪雨災害で欠場があり、県内34チームが出場、延べ約2千人がプレーする。優勝校は来秋に甲子園球場である本大会に進む。

 開会式では、帝京第五高OBの松本健治主将が「再び野球ができる喜びをかみしめ、豪雨の被災者に夢や力を与えられるようプレーする」と宣誓した。

 2日はチームの垣根を越えた東西対抗戦があり、参加者は年齢に関係なく本気のプレーを披露。ベンチからも「ナイスボール」「しっかりバット振れてる」など、元気な声出しで盛り上がった。

 先発登板した新田高OBの秀野昭光さん(74)=松山市東垣生町=は、10年以上前から毎年参加。「ユニホームを着ると高校時代を思い出す。現役で行けなかった甲子園を目指すことは夢があり、体が動く限りは出場したい」と爽やかに汗をぬぐった。

 

 予定日程と出場校は次の通り(カッコ内は球場)。

 10月6日 松山西、大洲、帝京第五(マドンナ)

▽8日 松山商、宇和島東、川之江(川之江)

▽20日 新居浜西、丹原、小松(東予)

▽27日 東温、松山工、新田(東予)宇和、八幡浜、新居浜東(宇和)

▽11月3日 三島、今治東、松山東(ひうち)今治西、三瓶、伊予(丸山)

▽4日 北宇和、松山聖陵、新居浜商(丸山)

▽10日 西条農、松山北、愛大附属(新居浜)

▽17日 今治北、東予(今治)西条、松山南(今治)

▽18日 今治工、内子、今治南(宇和)

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。