ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

476選手が出場

日本食研、男女連覇 今治伯方島トライアスロン

2018年9月3日(月)(愛媛新聞)

総合女子で2連覇を飾った田中麻優=今治市伯方町叶浦

総合女子で2連覇を飾った田中麻優=今治市伯方町叶浦

平松幸紘

平松幸紘

総合女子で2連覇を飾った田中麻優=今治市伯方町叶浦

総合女子で2連覇を飾った田中麻優=今治市伯方町叶浦

平松幸紘

平松幸紘

 「今治伯方島トライアスロン2018」が2日、今治市伯方島で476選手が出場して行われ、総合男子は平松幸紘(日本食研)が2時間7分14秒、女子は田中麻優(日本食研)が2時間22分11秒で、ともに2連覇した。

 日本トライアスロン連合のエージランキングポイント対象大会。男女と3種目を1人ずつが担当するリレーの部で行われ、道の駅「伯方S・Cパーク」(伯方町叶浦)を起終点に、オリンピックディスタンス(51・5キロ、実測値50・7キロ)で実施した。

 総合男子2位は山本淳一(千葉)、3位は浅田晃輔(福岡)、女子2位は重成かおり(大阪)、3位は林真奈美(静岡)。リレーの部男子はチーム伯方造船&山岡ヤンマー(今治市)、女子はダンデリオン(松山市)、混合はいちもんじ(今治、新居浜市)が優勝した。

 大会は昨年から開催。選手は午前8時にスタートし、瀬戸内しまなみ海道を望むコースで熱戦を展開した。地元の小中高生ら約200人がボランティアスタッフとして参加、沿道では住民が盛んに声援を送った。

 

【実力着々 地元で披露 女子連覇田中 五輪見据え】

 総合女子は、五輪出場を目標に掲げる21歳の田中麻優が完勝。「今年は6月の愛南での大会に出場できず、愛媛では唯一のレース。頑張っている姿を見せられ、声援もうれしかった」と振り返った。

 今季はU23(23歳以下)アジア選手権で5位、U23日本選手権で準優勝。「ナショナルチームに初めて入り、経験を積めた。U23日本選手権はあと一歩で優勝に届かず、レベルアップの必要性を感じた」と手応え、課題を感じている。

 

◆感謝の思い示せた◆

 【日本食研・平松幸紘】(総合男子でV2)「バイクで2位に落ちて厳しいかなと思ったが、ランで逆転できた。7月豪雨で大変な状況の中、レース開催に携わってくれた全ての方に感謝の思いを示すため、何としても優勝したかったので良かった」

 

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。