ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
924日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Discover Ehime~歩いて巡る故郷の絶景

第3回 魚島(上島町)

2018年9月1日(土)(愛媛新聞ONLINE)

山頂展望台からしまなみ海道方面の眺め。美しい眺望に心奪われる

山頂展望台からしまなみ海道方面の眺め。美しい眺望に心奪われる

魚島港をスタートし、集落を後にする。商店などは港周辺にしかないので、スタート前に買い物 

魚島港をスタートし、集落を後にする。商店などは港周辺にしかないので、スタート前に買い物 

山への登山道はかなりの急斜面。思いのほかハードな登山だ

山への登山道はかなりの急斜面。思いのほかハードな登山だ

南海岸からは遠くに石鎚連峰の稜線がうっすらと確認できる

南海岸からは遠くに石鎚連峰の稜線がうっすらと確認できる

文・写真−忠政啓文

 魚島はとにかく遠い。まずは松山から車を約1時間走らせて今治へ。さらに、しまなみ海道を約1時間走って広島県の因島へ渡り、土生港から高速艇に乗って1時間。松山から3時間以上かけてたどり着いた、瀬戸内海の中央にある魚島は、まさに『絶海の孤島』という表現がぴったりの場所にある。

 船を下りると、港周辺には町役場支所を中心に住宅が立ち並び、意外と大きな集落を形成している。そして、波止場から水面をのぞき込めば、たくさんの小魚が群れを成して優雅に泳いでおり、島名にふさわしい風景が楽しめる。

 島内を周遊できる道路は一周約6㎞。歩いて巡るにはちょうど良い距離だ。港をスタートし、時計回りに海岸線に沿って伸びる道路を進む。東海岸に出ると道路は上り坂となって徐々に海面から離れ、視界が開けてくる。そして、少し歩くと、沖合に江ノ島という比較的大きな島が見えてくる。

 江ノ島と聞くと多くの観光客でにぎわう神奈川県の湘南を思い出すが、こちらは無人島。しかし、古来、鯛の好漁場として知られ、江戸時代には、ここでとれた鯛を魚島で干物にし、今治藩が幕府へ献上していた。ちなみに、今治藩には「鯛奉行」という役職が置かれ、鯛の漁期になると鯛奉行が来島し、干鯛の製造などを監視したと言うから、魚島の鯛がいかに珍重されていたかが想像できよう。

 さて、左手に江ノ島を眺めつつ東海岸を進むと、道は再び海面に近づき、南海岸に出たころには、目の前に美しい砂浜が現れる。波打ち際に立ち、遠くを眺めると、見覚えのある山脈がかなたに見える。石鎚連峰だ。普段は山麓から見上げることが多い地元の山も、海のかなたに眺めると何とも新鮮だ。

 存分に石鎚の峰々を堪能したら、再び歩を進める。南海岸を過ぎると、道は急坂になり、島の中央部へ。坂を上り切ると峠部が三差路になっており、右折して亀居八幡神社方面に向かうと、道路脇右手斜面に城山への登山口が現れる。一見、畑のあぜ道かと思ってしまうが、少し進むと階段が現れ、一歩ごとに息が弾むほどの急斜面に。つかの間の本格登山気分を味わいながら雑木林の中を突き進むと標高147mの山頂へ到着する。展望台に上がれば、さすが瀬戸内海の中心の頂だけあり、見渡す限りの海と空!そして、青のグラデーションの中にぽつりぽつりと浮かぶ緑の島々を眺めていると、まるで鳥にでもなったような気分になり、日ごろのストレスも吹っ飛ぶ。ここ魚島は都会の喧騒に疲れた時に訪れていただきたい、瀬戸内海随一の癒やしの絶景スポットだ。

 

【魚島(上島町】

 

 

 

 上島町魚島

 0897(78)0011(魚島総合支所)

 約6㎞

 約3時間

    因島~魚島間の高速艇は1日4往復。島内散策は時刻表をしっかりと確認の上、楽しみましょう。

 

【ワンポイントアドバイス】

☆あなたの脚力、大丈夫?

 

①椅子に浅く腰かけ、片脚を浮かせる

①椅子に浅く腰かけ、片脚を浮かせる

①椅子に浅く腰かけ、片脚を浮かせる

①椅子に浅く腰かけ、片脚を浮かせる

 

片脚を浮かせたまま立ち上がる。この時、支持脚はその場から動かないように注意

片脚を浮かせたまま立ち上がる。この時、支持脚はその場から動かないように注意

片脚を浮かせたまま立ち上がる。この時、支持脚はその場から動かないように注意

片脚を浮かせたまま立ち上がる。この時、支持脚はその場から動かないように注意

 

立ち上がったら、そのまま3秒保持。すぐに座ってしまわないように

立ち上がったら、そのまま3秒保持。すぐに座ってしまわないように

立ち上がったら、そのまま3秒保持。すぐに座ってしまわないように

立ち上がったら、そのまま3秒保持。すぐに座ってしまわないように

 

 「健康は脚から」と言われるが、皆さんは脚力に自信があるだろうか? 脚力が低下すると、疲れやすくなるので活動量が減る。さらには膝や腰などのけがのリスクが高まるほか、最悪の場合、年をとってから寝たきりになるリスクも高まるなど、いいことは何一つない。ただ、自分の脚力が果たして健康に生活を営んでいくうえで十分足りているのか、不足しているのか、把握している人は少ないだろう。

 脚力は「片足立ち」で簡単に把握できる。測定方法は至って簡単。準備する物は高さ40㎝程度の椅子のみ。足は肩幅に広げ、腰かけたら、片足を浮かせ、反動をつけずに立ち上がり3秒保持。終了したら、反対側の脚でもチャレンジだ。一見簡単そうに思えるが、実はこの動作には脚筋力はもちろん、バランス感覚、柔軟性といった能力が必要で、それらの能力が低下してくると、ふらついたり、立ち上がれなかったりする。ちなみに、男女問わず40~50代ならば40㎝の高さで両脚成功するのが平均的。万が一、片脚でも失敗したり、両脚成功したといえどもふらつくなどして少々不安を感じた方は、健康のため、将来のため、しっかり歩いて、脚力をしっかり鍛えよう。

 

この記事は、スポーツマガジンE-dge2018年7・8月号に掲載しています。

 

 

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。