ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

被災農業者の「支援隊」設置 農林漁業振興機構

2018年9月1日(土)(愛媛新聞)

 西日本豪雨を受け、えひめ農林漁業振興機構は31日、4月に開設した「えひめ農業経営サポートセンター」に、農業経営の再開に向け戸別訪問相談を行う「地域被災農業者支援隊」を設置した。県やJAのOBら11人が被災農家の復興を後押しする。

 支援隊は県の相談窓口の要請に応じてJAや市町と連携し、中長期的な経営計画の策定支援などに取り組む。7JAが対象で、隊員はそれぞれの担当地域で業務に当たる。

 31日は研修会が松山市南堀端町のJA愛媛であり、同機構の俊野健治理事長が「隊員は地域のことをよく知っている。被災者のニーズを踏まえた対応を検討してほしい」とあいさつ。隊員は県や金融機関から、災害復旧対策事業や融資制度の説明を受けた。

 JAのOBで隊員の男性(66)は「一日でも早く経営が再開できるよう、お手伝いしたい」と話した。

 

    おすすめ記事

    <企業広報>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。