ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1014日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

大洲中心に590件の相談 愛媛労働局

2018年9月1日(土)(愛媛新聞)

 愛媛労働局は31日、西日本豪雨に伴う災害関連相談状況(7月7日~8月24日)を発表した。県内の5労働基準監督署とハローワーク8カ所などに設置した特別相談窓口に、雇用調整助成金や賃金の支払いに関する相談など、事業主や労働者から計590件が寄せられている。

 最も多いのは雇用保険受給に関するもので205件、労働者を休業させる場合の雇用調整助成金の問い合わせが140件と続いた。担当者によると、南予からの相談がほとんどで約半数を大洲が占める。

 愛媛新卒応援ハローワークなどで受けつけた、就職活動中の学生や事業所などの相談は計46件あった。

 豪雨による失業などでの求職者は189人で、自治体などによる被災者対象求人は29件、建設業などの復興関係求人は72件ある。縄田英樹局長は「相談状況は徐々に落ち着きつつあるが、関連機関と連携し積極的な支援に取り組みたい」としている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。