ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

岡山・広島・愛媛を旅して応援

ジャルパックが豪雨復興キャンペーン 9月1~23日

2018年8月30日(木)(愛媛新聞E4編集係)

 

 西日本豪雨の被災地の復興を旅行で応援しようとジャルパック(東京)はこのほど、「JAL豪雨復興キャンペーン 瀬戸内4日間」を発売した。特に甚大な被害を受けた岡山、広島、愛媛の3県でそれぞれ1泊するプランで、同社販売部は「フリープランで各県の観光を自由に楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 

 被災地では風評被害などで観光客が激減する打撃を受けており、松山市の主要5観光施設では7月の観光客数が前年比13.6~25.8%減少した。県内の宿泊施設でも7月6~20日に約7万泊のキャンセルがあったとの推計も出ている。

 この旅行は、被災地への観光を促すため国の補助金を活用した「11府県ふっこう周遊割」が適用され、1人当たり1万8000円が助成される。

 期間は9月1~23日出発分。羽田空港を出発し初日は岡山県に宿泊。2日目は広島、3日目は愛媛に泊まり、松山空港から東京に戻る。滞在中は自由に観光できる。宿泊場所は各県4~6施設の中から選べ、愛媛では松山または宇和島のホテルや旅館に泊まれる。

 

 フリープランとレンタカープランの2種類あり、レンタカープランの場合、岡山空港で借りて松山空港で返却する。周遊割適用後の旅行代金は1人当たりフリー2万4600~7万3300円、レンタカー2万8400~8万8800円。

 同社販売部は「豪雨の影響で観光施設が入場制限されている場合があり『今、行く必要はない』と思う人もいるかもしれないが、こういうときこそ被災地を応援する機運を高めたい。被災地は風評被害を受けており、『観光に行っても大丈夫』とPRするのが旅行会社の使命だ」と話している。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。