ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内唯一の離島自治体に観光客を

輝きアップ、来れ上島

2018年8月30日(木)(愛媛新聞)

ノッてる!ガールズEHIMEのメンバーとしてゆめしま海道をPRする長谷さん

ノッてる!ガールズEHIMEのメンバーとしてゆめしま海道をPRする長谷さん

料理を一新し、瀬戸内の景色を堪能しながら楽しめるフェスパ

料理を一新し、瀬戸内の景色を堪能しながら楽しめるフェスパ

ノッてる!ガールズEHIMEのメンバーとしてゆめしま海道をPRする長谷さん

ノッてる!ガールズEHIMEのメンバーとしてゆめしま海道をPRする長谷さん

料理を一新し、瀬戸内の景色を堪能しながら楽しめるフェスパ

料理を一新し、瀬戸内の景色を堪能しながら楽しめるフェスパ

 県内唯一の離島自治体・上島町に観光客を呼び込もうと、新しい取り組みが始まっている。町は、上島架橋「ゆめしま海道」でのサイクリングをPRする動画を制作し、写真共有アプリ「インスタグラム」の公式アカウントを開設。町有宿泊施設「インランド・シー・リゾート・フェスパ」(弓削日比)は、地元海産物などをふんだんに使ったメニューを大幅に増やし、来館者増加を目指している。

 

【架橋 自転車旅お勧め 町商工観光課が動画でPR】

 ゆめしま海道は、弓削島、佐島、生名島の3島を結ぶ2橋の愛称で、2021年度には生名島と岩城島をつなぐ橋も完成する予定だ。信号機が全くない快適な道路と海を間近に望む景色、船で訪れるサイクリストの自転車の乗船料金を無料にする町独自の制度「サイクルフリー」などで注目を集めている。

 それらをより広くアピールしようと、町商工観光課はサイクリングのコンセプト動画(秋冬編)を町ホームページで公開している。弓削大橋や生名橋、海沿いの道、島の風景を紹介し、海岸そばの神社や路地のカフェなども網羅する。

 県の女性サイクルユニット「ノッてる!ガールズEHIME」の3期生として8月下旬から活動する同課の長谷有希さん(19)は「橋からの眺めは抜群で、観光スポットもたくさんある」とアピール。春夏編の動画も制作中だ。

 

【メニュー一新、カフェも 町有宿泊施設】

 瀬戸内海を一望できる小高い場に立地し、客室17部屋や大浴場を備える町有宿泊施設「インランド・シー・リゾート・フェスパ」。今夏レストランのメニューを一新し、気軽に立ち寄ってもらおうとカフェもオープンした。

 レストランの夕食では、魚島タコの天ぷら、生名島車エビの弓削塩焼き、岩城島レモンポークのハンバーグ、A5国産牛のあぶりすし、農水省の最高賞を受賞したベーコンのあぶり焼きなど単品を充実。和食の「ゆめしま会席」や肉、魚料理を選べる洋風コースを用意したほか、9月末までA5国産牛などのバーベキューも実施する。昼食は数種類のパスタの日替わりセットを新設、海鮮丼などもある。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。