ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

トレーニング方法

ゆったりしながら体操①太ももの前後面

2018年8月28日(火)(愛媛新聞)

 「ゆったりしながら体操」には「ゆるゆる体操」と「引き締め体操」の2種類があります。

 「ゆるゆる体操」は体の引っ張られ感をしっかり感じて4〜5回、「引き締め体操」は、頑張って活動している筋肉が少し疲れたと感じるまで繰り返しましょう。

 

▶引き締めてリラックスさせるところ

 太ももの前後面

 太ももの前後にある筋肉は、歩いたり、階段を上るときに主役の働きをします。転ばないためにも毎日動かしましょう。

 

※  ゆるゆる体操(1、2)をして使う部分をリラックスさせ、引き締め体操(3、4)を行います。

    さらにもう一度ゆるゆる体操(1、2)をして、頑張った部分をリラックスさせます。

 

【ゆるゆる体操】

<1>太もも(後ろ)

 

 

①ふくらはぎを両手で持ち、顔の方に向かってゆっくり引っ張る。膝は曲がっていてもOK。

②太ももと膝の後ろに気持ちを集中し、その引っ張られ感を感じながら、やさしく少しずつ伸ばす。

※左足も同様に。

 

<2>太もも(前)

 

 

①爪先を後ろに少し引っ張って、かかとをお尻に付ける。太ももの前の所が引っ張られている感じがあればOK。

※右足も同様に。

 

【引き締め体操】

<3>太もも(後ろ)

 

 

①うつ伏せになって膝を伸ばし、両足でクッションなどを挟む。落とさないように挟んだまま膝をお尻近くまで曲げて、元に戻す。

 

<4>太もも(前)

 

 

 

 

①座って体を両手で支えて、自転車をこぐように両足を回す。

※余裕のある人は、後ろに肘をついて。

 

監修:浅井英典・愛媛大学社会共創学部教授(健康スポーツ科学)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。