ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

部昇格の夏、ソロ岩月さんも

全国高校選手権で新田高ダンス初V

2018年8月28日(火)(愛媛新聞)

ヒップホップ男女混成スモール部門で頂点に立った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ男女混成スモール部門で頂点に立った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ女子スモール編成部門で5位に入った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ女子スモール編成部門で5位に入った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ男女混成スモール部門で頂点に立った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ男女混成スモール部門で頂点に立った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ女子スモール編成部門で5位に入った新田高ダンス部のメンバー

ヒップホップ女子スモール編成部門で5位に入った新田高ダンス部のメンバー

 念願の全国制覇! 大阪府でこのほど開かれた「全国高校ダンスドリル選手権大会2018」で、新田高ダンス部が、ヒップホップ男女混成スモール部門で団体初優勝を飾った。ソロ部門でも、3年岩月風我里(かがり)さん(17)が頂点に立った。部員は「優勝が決まった瞬間はとにかくびっくり。大泣きした」と喜びを語った。

 同部は本年度同好会から部に昇格し、約40人が所属。選手権に向け、2月から練習に取り組んできた。

 ヒップホップ男女混成スモール部門には、地区大会を勝ち抜いた8チームが出場した。2、3年生10人の新田高チームは、曲調の異なる2曲をつないで作品を構成。「笑顔で楽しく踊ろうと演技に入った」と3年新居田大紀さん(17)。アクロバットや高難度な技を盛り込み、複雑なフォーメーションも息を合わせて踊りきった。

 受賞決定後、本格的なスポットライトを浴びて行う「アンコール演技」も披露し、新居田さんは「記憶が残っていないくらい楽しかった」と振り返った。

 ヒップホップ女子スモール編成部門でも、同校の9人が5位に入賞した。3年池川香菜さん(17)は「無音で踊るところが一番の見せ場。本番では、全員の動きと音楽が少しもずれなかった」と晴れ晴れと話した。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。