ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

プロライダーら講座

女性ユニットが自転車の知識深める

2018年8月27日(月)(愛媛新聞)

女性サイクルユニットの研修会で自転車の構造などを説明する門田さん(右)

女性サイクルユニットの研修会で自転車の構造などを説明する門田さん(右)

 サイクリングを通じて愛媛の魅力を発信しようと25日、県が立ち上げた女性サイクルユニットのメンバー対象の研修会や、松前町の市民団体によるサイクリングツアーが開かれた。

 県のユニットは、イベントや会員制交流サイト(SNS)で女性向けに自転車の魅力をPRしている「ノッてる!ガールズEHIME」(18人)。25日は松山市堀之内の県美術館で、プロライダー門田基志さん(今治市)から自転車の構造や乗車前の整備点検の重要性などを学んだ。SNSで反応を得やすい写真テクニックや投稿の仕方を身に付ける講座も受けた。

 本年度に新たに加わった同市の重岡志保さん(39)は「愛媛のサイクリングの魅力を県内外の人に知ってもらいたい」と話した。

 松前町のサイクリングツアーは、観光ボランティアガイドグループ「はんぎり」(丸田力代表)と、町内の魅力を発掘する「まさき-いいとこ見つけ隊」(矢田弘隊長)が初開催した。

 4月に同町筒井のエミフルMASAKIで始まった「まさきレンタサイクル」事業や、町の観光をPRするのが狙いで、午前・午後の部に計約30人が参加。両団体の会員がガイドを務め、親水公園や史跡などを回った。

 丸田代表は「将来的には近隣自治体も巡る広域のツアーもしたい」と意気込んだ。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。