ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国六大学野球

秋季リーグ開幕 県勢対決 松山大先勝

2018年8月26日(日)(愛媛新聞)

【松山大―愛媛大】7回裏松山大2死満塁、代打で適時打を放ち、笑顔を見せる山岡=マドンナスタジアム

【松山大―愛媛大】7回裏松山大2死満塁、代打で適時打を放ち、笑顔を見せる山岡=マドンナスタジアム

 四国六大学野球の秋季1部リーグが25日に開幕し、マドンナスタジアムなどで3試合を行った。春季3位の愛媛大と同4位の松山大の県勢対決は、1―0で松山大が先勝した。

 松山大は七回、高田、西本の単打などで2死満塁とし、代打山岡(今治北高出)の適時左前打で先制。六回から登板した玉木と最終回を投げた大東が粘りきり零封した。

 愛媛大は五回無死一塁、山田の二塁打の間に一走・大前がホームを狙ったが松山大の好守で刺殺。九回2死からは三宅(松山北高出)、山田の安打などで満塁とするが、あと一本が出なかった。先発の中村(松山南高出)は一人で投げきり被安打4と好投したが、味方の援護がなかった。

 

▽1回戦(松山大1勝)

愛媛大000000000―0

松山大00000010X―1

▽二塁打 山田

▽暴投 中村

▽試合時間 2時間15分

 

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。