ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
724日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

きょう23日

台風20号 県内、今夕暴風域 午後四国上陸か

2018年8月23日(木)(愛媛新聞)

 

 非常に強い台風20号は22日、勢力を強めながら日本の南の太平洋上を時速約30キロで北西に進んだ。今後、速度を上げながら西日本を縦断し、24日正午ごろには日本海に抜ける見込み。松山地方気象台によると、四国には23日午後に上陸する可能性がある。愛媛県では23日夕方から全域が暴風域に入り、夜の初めごろから遅くにかけて最接近する見込み。局地的に雷を伴った猛烈な雨も降るとみられ、「明るいうちに安全な場所に避難してほしい」と呼び掛けている。

 

 気象台は22日午後5時、台風20号に関する県気象情報を出した。午後3時現在、中心気圧は950ヘクトパスカルで、父島の西南西約380キロに位置する。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。浜田浩一予報官は西日本豪雨被災地の住民に向け「23日の午後には雨風ともに強くなる予想なので、その前に復旧作業を終えてもらいたい」と注意喚起した。

 

 23日の関連予想では、1時間の最多雨量が東中予で80ミリ、南予で70ミリ。23日午後6時から24時間の最多雨量は全域で300~400ミリ。最大風速は東中予で陸上30メートル、海上35メートル、南予で陸上35メートル、海上40メートル。波の高さは東中予で3メートル、南予ではうねりを伴って6メートル。台風接近が満潮の時間帯と重なるため、高潮にも注意が必要としている。

 

 台風19号の影響で20日午前から山地を中心にまとまった雨が降っているため、気象台は22日午前3時54分、久万高原町と西条市に大雨注意報を発表。22日夜から23日未明にかけて警報に切り替える可能性が高い。南予の波浪警報(大洲市は注意報)と強風注意報、県内全域の雷注意報は継続中。

 

 一方、台風接近に伴い野村ダムでは、21日午前10時半から水位を下げる事前放流を実施。22日は午後9時ごろまで、流入量を差し引き毎秒10トン程度を放流した。ダム管理所は23日午前まで事前放流を続ける見通しとし「放流量や、23日午後以降どうするかは降雨予測をみて判断していく」と説明。管理所ホームページから流入量や放流量、貯水率(洪水調節容量を除いた利水容量)を確認できる。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。