ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
925日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

暑さ吹き飛ぶ好勝負

松山でビーチサッカー大会、130人が参加

2018年8月21日(火)(愛媛新聞)

砂浜の上で白熱した試合を繰り広げる選手

砂浜の上で白熱した試合を繰り広げる選手

 第12回中島ビーチサッカー大会が18日、松山市大浦の道の駅「風早の郷(さと)風和里(ふわり)」前の海水浴場であり、暑さを吹き飛ばす好勝負で盛り上がった。

 松山の自然環境を生かして地域振興を図ろうと、スポーツアイランドフェスタ中島実行委員会が主催。市内外16チーム約130人が参加した。

 選手たちは熱い砂浜の上でボールを追いかけ、ジャンピングボレーなど大胆なプレーを見せた。砥部町宮内の無職河野秀康さん(64)は「体力的にはしんどいが、失敗しても仲間から励ましの声をかけられるなど一体感を感じられて楽しい」と話した。

 試合前には清掃活動も実施。大会は例年、同市長師の姫が浜ビーチ海水浴場で開かれているが、西日本豪雨の影響で場所が変更された。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。