ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

夏の甲子園

済美4強 快進撃 報徳学園下し14年ぶり

2018年8月19日(日)(愛媛新聞)

準決勝進出を決め喜ぶ済美ナイン=18日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場

準決勝進出を決め喜ぶ済美ナイン=18日午後、兵庫県西宮市の甲子園球場

 快進撃が止まらない-。第100回全国高校野球選手権大会第14日は18日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で準々決勝が行われ、愛媛代表の済美は報徳学園(東兵庫)に3―2で競り勝ち、14年ぶりの準決勝に駒を進めた。

 

 済美は今大会初登板で先発の池内が粘投し、先制打でも主将の存在感を発揮。五回のピンチで救援したエース山口直が強気な攻めを貫き、息詰まる接戦をものにした。

 2004年に夏の大会初出場で準優勝を成し遂げて以来のベスト4進出に、三塁側アルプススタンドの済美高校応援席は熱狂に包まれた。

 済美は大会第15日の第2試合(20日午後0時半開始予定)で、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)との一戦に挑む。

 

    関連ニュース

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。