ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

夏の全国高校野球

済美×報徳学園 4強懸けてきょう18日激突

2018年8月18日(土)(愛媛新聞)

報徳学園戦を前に走塁練習をする済美ナイン=17日、兵庫県西宮市

報徳学園戦を前に走塁練習をする済美ナイン=17日、兵庫県西宮市

済美戦への意気込みを語る報徳学園・小園=17日、兵庫県西宮市

済美戦への意気込みを語る報徳学園・小園=17日、兵庫県西宮市

報徳学園戦を前に走塁練習をする済美ナイン=17日、兵庫県西宮市

報徳学園戦を前に走塁練習をする済美ナイン=17日、兵庫県西宮市

済美戦への意気込みを語る報徳学園・小園=17日、兵庫県西宮市

済美戦への意気込みを語る報徳学園・小園=17日、兵庫県西宮市

 第100回全国高校野球選手権大会は18日、愛媛代表の済美と東兵庫代表の報徳学園が準々決勝第2試合で激突する。両校ナインは17日、調整練習などを行い、ベスト4進出を懸けた対戦に備えた。

 

【済美 好球必打 フォーム確認】

 済美ナインは兵庫県西宮市の大阪ガス今津総合グラウンドで約2時間、調整練習した。

 中1日の日程を考慮してフリーバッティングなど軽めの練習メニュー。ピッチングマシンの球種をスライダーに設定し、相手投手をイメージしながらバットを振り、フォームを丁寧に確認した。主将の池内は「甘い球をどれだけ捉えられるか。全員で徹底したい」と対策に念を入れる。

 山口直と池内は投球練習も行い、感触を確かめた。「報徳学園は地元の高校で応援は多いと思うが(気にせず)向かっていく」と意気込むエースの山口直。「ボール球が先行しないように気をつけて、自分のピッチングをしたい」

 報徳学園の3番長尾は、山口直と同じ兵庫・淡路島出身で中学時代に対戦経験がある。山口直は「全部三振を取れるように頑張りたい」と必勝を期した。

 

【報徳学園 投手陣好調「3点勝負」】

 報徳学園ナインは兵庫県西宮市の同校グラウンドで約2時間、シートノックやフリー打撃で調整した。

 プロ注目の小園らタレントぞろいのチーム。率いる大角監督は、公式戦初対戦の済美を「しっかり振ってくるし、小技もできるバランスの取れたチーム」と分析する。「エースの山口直投手は根気強く投げるので、大量得点は難しいと思う。こちらの投手陣も好調なので、3点勝負に持ち込みたい」

 初戦で二塁打3本を放った小園は「済美は粘りのあるチーム。星稜戦も負けているところから勝ち抜いたので、気を抜かないようにしたい」と万全の対策を心掛ける。

 主将の神頭は、逆転サヨナラ満塁本塁打を放った済美の矢野を「勢いがあるので、初回からしっかりと抑えたい」と警戒し、「目標は日本一だが意識しすぎず、目の前の相手を倒しにいく」と闘志を燃やした。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。