ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秀野(新田女子100背)3位内視野

全国高校総体、17日から水泳競技 愛媛勢戦力

2018年8月16日(木)(愛媛新聞)

 

【水球・聖カタリナ初戦突破目指す】

 全国高校総体(インターハイ)の水泳競技は17日から4日間、名古屋市の日本ガイシアリーナなどで行われる。愛媛からは競泳の25種目に男女34人が挑み、水球は創部3年目の聖カタリナ学園が初出場する。愛媛勢の戦力を紹介する。

 

 【競泳】県記録を持つ女子勢が決勝の舞台を見据える。ハイレベルな争いが予想される100メートル背泳ぎは秀野(新田)が3位だった昨年以上の順位を狙う。200メートルでは桑村(松山城南)とともに決勝へ進めるか。100メートル、200メートルバタフライは昨年両種目で決勝に残った平田(八幡浜)が表彰台を目指す。

 200メートル、400メートル個人メドレーは全国中学校大会で入賞経験のある泉(八幡浜)の決勝進出に期待、巻幡(今治西)も上位に食い込みたい。50メートル、100メートル自由形は菅原(松山北)と岩間(新田)がB決勝以上を視野に入れる。

 男子は1年生で四国を制した200メートル背泳ぎの市川(八幡浜)が躍進しそう。四国で初優勝した1500メートル自由形の森貞(新田)は15分台を狙えるか。

 200メートル個人メドレーは3年連続出場の大内(新田)が経験を生かしたい。50メートル自由形の清水(南宇和)、100メートル背泳ぎの芝(新田)、200メートル背泳ぎの伊藤(新居浜南)ら3年生もラストレースで好記録を残したい。

 

 【水球】初出場の聖カタリナ学園が初戦突破を目指す。全員が昨年の愛媛国体に出場した愛媛水球クラブ所属。全国での経験を生かし、高内、松田の堅守から速攻で得点を重ねたい。GK飯田が島田や安田にボールをつなぎ、宇都宮がゲームを組み立て、ポイントゲッター山下がシュートに持ち込むのが理想のパターン。控えの武田は試合の流れを変える力がある。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。