ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
919日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

宇和島市【義援金】

義援金の配分について(8月15日更新)

2018年8月15日(水)(愛媛新聞)

【宇和島市発表】(8月15日)

義援金の配分について

 

 7月豪雨災害の被災者の方々に対して、市内外の皆さまから寄せられた義援金を、愛媛県及び宇和島市の災害義援金配分委員会において決定した基準により配分します。

 ※日本赤十字社・共同募金会・愛媛県・宇和島市でお預かりした義援金は、その全額を被災者の皆さまにお届けします。

 

◆配分対象及び配分額◆

 第1回宇和島市災害義援金配分委員会において、本市に寄せられた義援金の配分対象及び配分額が決定しました。

 県の第1次配分額に上乗せして配分します。

 

人的被害

(1)死亡者 55万円

(2)重傷者 11万円

住家被害

(3)全壊 33万円

(4)半壊・大規模半壊 22万円

(5)床上浸水 11万円

(6)一部破損 5万5千円

 

◆支給要件・手続方法等◆

(1)死亡者

 ・豪雨災害により死亡された方のご遺族に対して、義援金を支給します。

 ・災害弔慰金の支給方法に準じます。

 ※ご遺族から、申請していただく必要はありません。

 

(2)重傷者

 ・豪雨災害により負傷し、医師の治療を受け1か月以上の治療を要する場合に、義援金を支給します。

 ・「被災見舞金(負傷者)」の振込申出と同時に受付をしていますが、治療状況等の確認のために、市の方から連絡をさせていただく場合があります。

 ・支給要件に該当する場合に、指定の口座に振込みます。

 ※「被災見舞金(負傷者)」の振込申出がお済みでない方は、「受付場所・受付時間」に記載の受付場所にて手続きをお願いします。

 

(3)全壊、(4)半壊・大規模半壊、(5)床上浸水

 ・住家の罹災証明の判定区分が「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊(床上浸水)」の世帯に支給します。

 ・罹災証明交付後、「被災見舞金(住家被害)」の振込申出と同時に受付をしています。すでに「被災見舞金」の振込申出がお済みの世帯は、指定の口座に振込みますので、新たな申請の必要はありません。

 ※「被災見舞金(住家被害)」の振込申出がお済みでない方は、「受付場所・受付時間」に記載の受付場所にて手続きをお願いします。

 

(6)一部破損

 ・住家の罹災証明の判定区分が「一部損壊」の世帯に支給します。

 ※別途申請が必要です

 ・罹災証明書交付後、下記「受付場所」にて受付します。

 ・必要書類

 (1)義援金申請書(住家の一部破損)※窓口にて記入

 (2)罹災証明書(写し可)

 (3)通帳またはキャッシュカードのコピー

 

◆注意事項◆

 ・当初、義援金の口座振込を行った後に、追加配分があった場合は、決定済みの被害区分に応じた額を追加で振込みますので、追加配分に対する新たな申請は、必要ありません。(異なる被害区分の場合は、別途申請が必要です。)

 ・口座振込をもって義援金支給決定通知書に代えます。なお、義援金を申請された方で、不支給となった方には、その旨を通知します。

 

◆受付場所◆

※住家被害に係る義援金は、罹災証明書交付後の受付となります。

※土日・祝日に臨時窓口を開設する場合は、行政連絡放送にて別途お知らせします。

・宇和島市役所1階 災害相談窓口

・吉田支所1階 災害相談窓口

・三間支所福祉環境係

・津島支所福祉環境係

・宇和海支所庶務係

 

◆受付時間◆

 平日 午前8時半~午後5時15分

 

◆問い合わせ先◆

 宇和島市役所財政課=電話0895(49)7008

 

 ◎宇和島市 義援金の配分について

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。