ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
919日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

古里復興、まず笑顔

有志がビアガーデン企画、住民楽しむ 野村町 

2018年8月15日(水)(愛媛新聞)

西日本豪雨からの復興イベントで物まねを披露して観客を沸かせるみかんさん=14日午後7時ごろ、西予市野村町野村の乙亥会館駐車場

西日本豪雨からの復興イベントで物まねを披露して観客を沸かせるみかんさん=14日午後7時ごろ、西予市野村町野村の乙亥会館駐車場

 西日本豪雨で被災した西予市野村地域を盛り上げようと14日夕、浸水した乙亥会館(野村町野村)駐車場を会場に復興チャリティービアガーデン「COZY NOMURA(コージーノムラ)」が開かれた。地元の商店などが出した屋台や物まねタレントみかんさん(今治市出身)のショーなどがあり、地域は久々に笑顔とにぎやかな歓声に包まれた。

 

 14日は恒例の花火大会が開かれる予定だったが豪雨の影響で中止。今回のイベントは20~40代の有志が中心になって企画し、地元の商工会青年部や青年団、社会福祉協議会など約20の団体・事業所が参加。イベント名は復旧・復興に汗を流す人や古里を心配して帰省した人に「居心地のいい、くつろげる場所を」との願いで命名した。

 屋台やヨーヨー釣り、移動式大型ビジョンを使ったテレビゲームもあり、来場者は夏休み気分を満喫。チャリティーで参加したみかんさんは人気歌手や女優、アニメキャラクターなどの物まねを披露。ステージに招き上げた子どもらにお菓子やサインを手渡し、観客に最高の笑顔をプレゼントした。

 会場には過去の震災・豪雨災害被災地域からのメッセージが書かれた土のう袋のフラッグも展示。イベントを企画した1人、伊達誠さん(42)は「大好きな野村の雰囲気が沈んだままでいるのが嫌で、地域の皆さんの協力でここまで大きな催しになった」と話していた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。