ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

力強い歌声 元気送る 八幡浜出身 西村さん

2018年8月14日(火)(愛媛新聞)

歌声とパフォーマンスで復興イベントライブステージを盛り上げる西村千理さん(左)とギターの大塚秀記さん=12日午後7時ごろ、西予市野村町阿下

歌声とパフォーマンスで復興イベントライブステージを盛り上げる西村千理さん(左)とギターの大塚秀記さん=12日午後7時ごろ、西予市野村町阿下

 西予市野村地域で12日に開かれた復興チャリティーイベントでは、八幡浜市出身の西村千理さんがボーカルを務めるソウルロックユニット「RUNGAINA」(ランガイナ)が出演。「負けんぞ野村!!」とシャウトし会場を盛り上げた。

 RUNGAINAは2015年にメジャーデビューし、東京を拠点に全国で活動している。西村さんの古里、南予の被害を知り、売り上げの全額を義援金に充てる復興支援CDを制作し、会員制交流サイト(SNS)でチャリティーライブにも協力すると表明。ライブ施設がある野村地域の居酒屋「権の蔵」から声が掛かり出演が決まった。

 テンポの速い曲では、高齢者や子どもも手を振ってタオルを振り回した。西村さんはバラードでは「あなたの幸せを祈ります」とじっくり歌い上げ「絶対大丈夫。私たちもできることを頑張ります」と励ました。

 ギターの大塚秀記さんは大阪府吹田市出身。子どもの頃の阪神大震災を振り返り「どうしていいか分からなかった。悲しい怖い思いをした後は、その何倍も笑い、うれしい気持ちになっていい」と語り掛けた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。