ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

17日・西予

県科学博物館が歴史博物館で出張イベント

2018年8月14日(火)(愛媛新聞)

 豪雨で被災した子どもたちに夏休みの思い出をつくってもらおうと、県総合科学博物館(新居浜市)が17日、西予市宇和町卯之町4丁目の県歴史文化博物館で出張イベントを開く。「楽しい科学工作でいっぱい遊んで元気を出そう」と呼び掛けている。

 午前10時半~午後0時半、午後2~4時の2部制で、スライムを作ろう▽オリジナル紙トンボを飛ばそう▽音のおもちゃで遊ぼう―の3種の工作を実施。参加無料で定員は各200人。申し込みは不要。「身近な生き物写真展」も館内で9月2日まで開いている。

 歴博も23、24の両日、小学4~6年生を対象に「れきはくサマースクール」を開催。午前10時~午後4時で、午前中は学芸員らによる夏休みの宿題などの学習支援、午後は開催中の特別展の観覧やよろいの着付け体験などが楽しめる。

 応募締め切りは22日午後5時。参加費無料で昼食は同館が提供する。各日定員20人。前後1時間は会場に滞在でき、同館は「復旧作業や仕事で忙しい間、子どもたちだけで過ごす手伝いができれば」としている。

 参加者氏名、年齢、住所、電話番号が必要。申し込みは歴博=電話0894(62)6222、ファクス0894(62)6161、メールrekishi-museum@pref.ehime.lg.jp

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。