ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1117日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2年連続の3回戦進出

甲子園済美 13回逆転サヨナラ本塁打で星稜下す

2018年8月12日(日)(愛媛新聞)

星稜との延長戦を制し、3回戦進出を決め喜ぶ済美ナイン=12日午後、甲子園球場

星稜との延長戦を制し、3回戦進出を決め喜ぶ済美ナイン=12日午後、甲子園球場

 第100回全国高校野球選手権大会第8日は12日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われ、2年連続6度目の出場となった愛媛代表の済美は星稜(石川)を延長十三回の末、13―11で下し、2年連続の3回戦進出を決めた。

 済美は1―7の八回、星稜のリリーフ陣を攻略。中井と池内のタイムリーで2点を返し、伊藤の中前打で1死満塁の好機をつくると、山口直が押し出し死球。さらに2死満塁から武田の内野安打で1点差とし、続く政吉の3ランでこの回8得点を奪い、試合をひっくり返した。

 9―9のままタイブレークに突入した延長十三回、2点を勝ち越されたが、裏の攻撃で政吉のセーフティーバントで無死満塁とすると、矢野の本塁打で逆転サヨナラ勝ちした。

 先発山口直は初回に星稜打線につかまり、5失点。その後は尻上がりに調子を上げ、要所を締める好ピッチングを披露。九回に同点に追い付かれたが、粘り強く完投した。

 済美は大会第12日の16日、ベスト8進出を懸けて3回戦の第3試合(午後1時開始予定)で慶応(北神奈川)―高知商の勝者と対戦する。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。