ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

ポーランド大使 早急な復興願う 松山で副知事と懇談

2018年8月12日(日)(愛媛新聞)

西日本豪雨を受け、来県したポーランドのイズィドルチク・ヤツェク駐日大使=11日午前、松山市道後鷺谷町

西日本豪雨を受け、来県したポーランドのイズィドルチク・ヤツェク駐日大使=11日午前、松山市道後鷺谷町

 ポーランドのイズィドルチク・ヤツェク駐日大使が11日、松山市内で神野一仁副知事と懇談し、西日本豪雨の被災者にお見舞いの気持ちを述べた。その後、被災地の大洲市も視察した。

 大使は初めての来県。歴代の同国駐日大使と交流がある順天堂大客員教授の松下文治さん=松山市=の紹介で、プライベートとして訪れた。「大惨事で、被災者に言葉をかけるのはとても難しいが、自分の目で見たいと思った」と厳しい表情で語った一方、「日本人は物事をてきぱきとこなし、災害にもすごく辛抱強い」と早急な復興を願った。

 神野副知事は「県内は水害で大変な被害を受けて苦労しているが、オール愛媛で復旧・復興に向けて一生懸命取り組んでいる。(今回の訪問をきっかけに)愛媛との交流につなげていければ」と歓迎した。

 大使は大洲市で現地を視察し、被災者から直接話を聞き、浸水した際の写真なども見たという。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。