ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校総体・第10日

柔道男子個人100キロ級・熊坂光貴(新田)4強逃す

2018年8月11日(土)(愛媛新聞)

熊坂光貴

熊坂光貴

 全国高校総体(インターハイ)第10日は10日、三重県の津市産業SCなどで行われ、愛媛勢は柔道男子個人100キロ級で熊坂光貴(新田)が8強入りしたが、準々決勝で敗退した。

 100キロ超級で五輪王者の故斉藤仁氏の次男斉藤立(東京・国士舘)が優勝した。

 90キロ級は村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園)が2連覇を達成。81キロ級は板東虎之輔(千葉・木更津総合)、100キロ級は皆川大記(千葉経大付)が制した。女子は団体の2回戦までを実施した。

 ソフトボール男子は2回戦が終了。剣道は競技が始まった。

 

◆一つでも上 目標◆

 【新田・熊坂選手】(準々決勝で敗退)「ベスト8は(3月の)全国高校選抜と同じで悔しい。2回戦から自分の柔道はできたが、けんか四つの相手に組み手が徹底できなかった。次の目標は全日本ジュニア。一つでも上を目指す」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。