ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

特産品で復興支援 JR四国が通販サイト

2018年8月11日(土)(愛媛新聞)

 西日本豪雨で甚大な被害が出た愛媛、高知両県の被災地復興を支援しようと、JR四国は10日、運営するインターネット通販「産直ステーション夢四国」に両県の特産品を集めた特設サイトを開設した。今後、被災地域の仕入れ先を増やして来年3月末まで続け、売上金の一部を義援金として両県に贈る。

 四国の活性化を目指し連携協定を結んでいる日本郵便四国支社、四国電力との3社で取り組み、それぞれが持つネットワークを生かして販売促進につなげる。

 愛媛県内の仕入れ対象エリアは、災害救助法が適用された大洲、宇和島、西予など7市町を中心に展開する予定。生産者や事業者の復旧状況を見極めながら新たに仕入れ先を増やし、商品を充実させていく。当面は「産直ステーション夢四国」で扱うかんきつジュースやじゃこてんなど115種類を販売する。

 西日本豪雨ではJR四国の路線も被災し、復旧費は約20億円に上る見通し。自社単独で義援金を贈るのが難しい現状があるが「何か復興に役立てることはないか」と考え、特産品販売を企画した。同社担当者は「復旧復興には時間がかかるので、息の長い支援をしたい」と話している。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。