ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1015日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

子ども食堂の役割は

松山で子育てセミナー、県内の活動を発表

2018年8月10日(金)(愛媛新聞)

県内の子ども食堂の活動発表などがあった「地域で子育てリレーセミナー」

県内の子ども食堂の活動発表などがあった「地域で子育てリレーセミナー」

 子育てを地域で支援する機運の醸成を図る「地域で子育てリレーセミナー」がこのほど、松山市湊町7丁目の市総合コミュニティセンターであり、民間団体や企業、行政関係者ら約200人が子どもの貧困対策などへの理解を深めた。

 「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー」の一環で、県が実行委員会と共同で開催。県内で子ども食堂の運営などに携わる9企業・団体が活動発表し、食育や世代を超えた交流の促進など、取り組みが果たす役割や成果を報告した。

 実行委の平野覚治副代表は、子ども食堂が全国的に広がる一方、運営費不足などの課題を指摘。「皆さんと連携し地域の子どもを豊かにするインフラとして育つよう活動していきたい」と力を込めた。

 FC今治の岡田武史オーナーをコメンテーターに、パネリストら計6人によるパネルディスカッションや昼食時の模擬子ども食堂などもあった。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。