ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
420日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

復興願い

北海道黒松内町、「姉妹町」西予市に見舞金贈呈

2018年8月10日(金)(愛媛新聞)

黒松内町の鎌田満町長(右から2人目)から見舞金の目録を受け取る西予市の管家一夫市長(左から2人目)=9日午後、市役所

黒松内町の鎌田満町長(右から2人目)から見舞金の目録を受け取る西予市の管家一夫市長(左から2人目)=9日午後、市役所

 西予市と姉妹市町提携を結んでいる北海道黒松内町の鎌田満町長と畑井信男議長が9日、西予市役所を訪れ、西日本豪雨の見舞金220万円を贈呈した。

 旧野村町と黒松内町はブナ原生林を守る縁で1993年に姉妹町提携を締結。合併後の西予市との交流も継続し、2013年に大規模災害時の相互応援協定を結んでいる。今回の豪雨では7月中に飲料水5トンの支援を受けている。

 贈呈式で目録を受け取った管家一夫市長は「長く交流を続けてきた絆の強さを感じる。支援を励みにし、もとの元気なまちにしていきたい」とお礼を述べた。犠牲者5人が出た野村地域の被災状況や山間部の土砂崩れについて説明を受けた鎌田町長は「復旧・復興資金の一部として活用してもらえれば。人的支援などでも協力を続けたい」と語った。

 鎌田町長と畑井議長は10日に肱川(宇和川)氾濫で浸水した野村地域の避難所などを視察する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。