ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校総体

男子シングル鎌田(愛媛・新田)、ベスト8 バドミントン

2018年8月9日(木)(愛媛新聞)

鎌田雄太

鎌田雄太

 全国高校総体(インターハイ)第8日は8日、愛知県の豊田市総合体育館などで行われ、愛媛勢はバドミントン男子シングルスの鎌田雄太(新田)がベスト8入りを果たしたが、準々決勝で3月の選抜大会を制した奈良岡功大(青森・浪岡)に0―2で敗れた。柔道男子団体の新田は2回戦で姿を消した。

 愛媛関係では、7日に卓球女子団体を制した四天王寺(大阪)の塩見真希(愛媛大附属小出)が女子シングルス決勝で野村萌(愛知みずほ大瑞穂)に0―3で敗れ、準優勝した。男子シングルス決勝は2年の戸上隼輔(山口・野田学園)が田中佑汰(愛知・愛工大名電)を3-1で下し、初の頂点に立った。

 柔道男子団体は、昨年優勝の桐蔭学園(神奈川)や国士舘(東京)、天理(奈良)などが8強入り。テニスのシングルスは男子で白石光(千葉・秀明大秀明八千代)、女子で阿部宏美(愛知啓成)が優勝した。

 バドミントンは男女シングルスで4強が出そろい、男子の奈良岡や女子の水井ひらり(福島・ふたば未来学園)らが進出した。

◆国体は3位以内に◆

 【新田・鎌田選手】(男子シングルスで8強入りの2年生)「4回戦は相手に上級生の意地を見せられたが、切り替えて気持ちで押し切れた。準々決勝では力の差を感じた。もっと球の精度を上げ、国体で3位以内に入りたい」

 

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。