ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
922日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

女子38チーム、健闘誓う 

全日本学童軟式野球、愛媛・松山で開幕 

2018年8月9日(木)(愛媛新聞)

元気よく行進する愛媛代表の選手ら=坊っちゃんスタジアム

元気よく行進する愛媛代表の選手ら=坊っちゃんスタジアム

 軟式野球の「NPBガールズトーナメント2018 全日本女子学童大会」の開会式が8日、愛媛県松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムであった。全国から集まった38チームの小学生の女子選手約700人が健闘を誓い合った。

 女子野球界のレベルアップを図り競技人口を増やそうと日本野球機構(NPB)と全日本軟式野球連盟が主催し、6回目。松山市は昨年の愛媛国体で高まったスポーツ熱を継続しようと初めて誘致した。

 開会式で各チームは元気よく行進。佐賀代表の山口希咲主将が「元気に笑顔で最後の一球まで諦めず全力でプレーする」と力強く宣誓した。

 愛媛代表のマドンナジュニア愛媛は10日午前10時半から、同スタジアムで、三重代表と神奈川代表の勝者と2回戦を戦う予定。赤尾琉華主将は「せっかく地元の大会なので優勝を目指したい。明るさと気合はどこのチームにも負けない」と意気込んだ。

 大会は9~13日に県内5カ所でトーナメント戦を繰り広げる。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。