ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校総体・第6日

自転車 松山城南、トラック連覇

2018年8月7日(火)(愛媛新聞)

 全国高校総体(インターハイ)第6日は6日、静岡県草薙総合運動場体育館などで行われ、愛媛勢は自転車の男子個人種目を松山城南勢が席巻した。ポイントレースで日野泰静、スクラッチで日野凌羽、ケイリンで犬塚貴之がそれぞれ優勝。4000メートル速度競走は塩崎隼秀が2位に入り、トラック競技学校対抗で総合2連覇を果たした。松山聖陵の大平竜太郎はケイリンで8位に入った。

 レスリングは女子68キロ級で宮道りん(今治工)が頂点に立ち、男子125キロ級の阿部階喜(八幡浜工)は準々決勝に進んだ。体操男子団体の新田は6位入賞と躍進。個人種目別つり輪でも笠岡義之が2位に入った。

 重量挙げ105キロ級の三宅敬之(新居浜工)がスナッチで2位となり、新居浜工は学校対抗で3位に入った。ボクシングフライ級の矢野利哉(松山工定)が3位、カヌー女子スプリント・カヤックシングル(200メートル)の信尾光里(大洲)は7位だった。

 陸上は女子フィールド総合を松山北が制した。テニスは女子シングルスの渡辺早和子(新田)が準々決勝進出を決めた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。