ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛南・鹿島

ダイバー気分で海中散歩、サンゴや熱帯魚観賞

2018年8月7日(火)(愛媛新聞)

気軽に海中散歩が楽しめる「シーウォーカー」

気軽に海中散歩が楽しめる「シーウォーカー」

 サンゴや熱帯魚のいる海中を気軽に観賞できる「シーウォーカー」がこのほど、足摺宇和海国立公園内にある愛南町沖の鹿島で始まった。猛暑が続く中、町内外の親子連れや観光客らが県内最南端の地で、海の美しさに触れている。

 鹿島周辺海域で海中展望船を運航する西海観光船が、2012年のえひめ南予いやし博のイベントとして開始し7年目。肩まで覆う重さ約35キロのヘルメットに空気が絶えず送られるため、泳ぎが苦手な人でもダイバー気分を味わえる。

 好天に恵まれた2日は、海の透明度も抜群。利用者らは、船着き場周辺の水深2~5メートルの海底で約20分間、テーブルサンゴやクマノミなどカラフルな魚が泳ぐさまを間近で楽しんだ。

 インストラクターの高橋翔さん(36)は「特別な技術なしで豊かな海の自然を満喫できるので、遊びに来てほしい」とPRした。

 9月2日まで実施。10歳以上が条件で、西海観光船のホームページで3日前までに予約を申し込む。問い合わせは同社=電話0895(82)0280。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。