ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1121日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ・第27節

鮮烈2発 愛媛完勝

2018年8月5日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FC―山口】後半、ドリブルで攻め上がる愛媛FC・藤本(左)=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

【愛媛FC―山口】後半、ドリブルで攻め上がる愛媛FC・藤本(左)=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 明治安田J2リーグは4日、第27節の8試合を行い、愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで山口と対戦し、2―0で勝利した。通算成績は8勝6分け13敗(勝ち点30)で順位は18位に上がった。

 愛媛FCは前半17分に藤本のゴールで先制。後半23分には神谷が追加点を挙げた。

 首位の松本は千葉に3―2で競り勝ち、4連勝で勝ち点を53に伸ばした。町田は横浜FCを3―2で下し、同49で2位。東京Vは大宮に2―1で競り勝った。徳島は水戸に1―0で勝利した。

 愛媛FCは次節、12日午後7時半から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで大宮と対戦する。

 

②ニンスタ(1勝1敗)

愛媛8勝6分け13敗(30) 2―0 山口11勝9分け6敗(42)

▽得点者【愛】藤本(前17分)(1)、神谷(後23分)(4)

▽観衆 3370人

 

 【評】愛媛FCが鋭いカウンターから何度も決定機をつくって完勝した。

 序盤から山口がボールを保持し攻勢に出たが、愛媛は粘り強く耐え逆襲した。前半17分には小池のクロスに藤本が頭で合わせ先制。後半もボールを奪ってからの速攻でチャンスをつくり、23分に神谷が追加点を決めた。

 

◆いい時間帯に先制◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 先制点をいい時間帯に取れたことがこの試合を決定付けた。その後に山口がシステムを変えてパワフルになったが、耐えて前半を終えられたのも大きかった。価値のある勝利になった。

 

◆同じ形でやられた◆

 【山口・霜田監督の話】 力が足りない。1対1の勝負で相手に全部負けると、今日のような結果になる。同じ形で何度もやられた。失ってはいけない場面でパスミスをした。愛媛のやりたいことをやらせてしまった。

 

◆点もっと取れた◆

 【愛媛FC・神谷】(後半23分にゴールを決める)「DFラインの前のスペースが空くことは分かっていたので、どれだけ走力を持って入れるかだと思っていた。今日はもっと点を取れた。まだクオリティーを上げたい」

 

◆気持ち入っていた◆

 【愛媛FC・田中】(中盤で守備の要となり完封勝利に貢献)「ボールを持たれる時間は多かったが、相手がパスを受けた瞬間を狙うことができていた。みんな気持ちが入っていて、球際で勝つことができた」

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。