ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1119日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第13日準決勝

【松山商 0-9 新田】被打1新田隙なし 松山商、5回踏ん張れず 

2018年7月27日(金)(愛媛新聞)

【新田―松山商】7回を被安打1、無失点に抑えた新田のエース田井=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】7回を被安打1、無失点に抑えた新田のエース田井=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】1回裏松山商1死満塁の守り、遊ゴロを二塁・桧垣が封殺後、一塁に転送し併殺を完成させる=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】1回裏松山商1死満塁の守り、遊ゴロを二塁・桧垣が封殺後、一塁に転送し併殺を完成させる=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】7回を被安打1、無失点に抑えた新田のエース田井=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】7回を被安打1、無失点に抑えた新田のエース田井=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】1回裏松山商1死満塁の守り、遊ゴロを二塁・桧垣が封殺後、一塁に転送し併殺を完成させる=坊っちゃんスタジアム

【新田―松山商】1回裏松山商1死満塁の守り、遊ゴロを二塁・桧垣が封殺後、一塁に転送し併殺を完成させる=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 準決勝(9時59分)>

 【評】新田の打線が爆発し、松山商をコールドで下した。

 新田は五回、無死一、三塁から捕逸で先制し、6連打を含む打者12人8安打の猛攻で一挙7点を奪った。六回にも石川の中越え三塁打と川崎の左前適時打で2点を追加した。投げては田井が7回を無四死球の1安打に抑えて完封した。

 松山商は五回まで三者凡退を重ねる苦しい展開。六回に先頭の田中が単打で出塁し、犠打で二塁まで進んだが、後続が倒れた。

 

◆内側うまく打てた◆

 【新田・石川遊撃手】(六回に適時三塁打を放つ)「インコースの真っすぐをうまく打つことができた。田井がいいピッチングをしていたので楽にさせてやりたかった。次もしっかり気持ちを切り替えて頑張りたい」

 

◆浮いた球 逆方向に◆

 【新田・川崎二塁手】(2安打。五回に3点目を奪う適時打を放つ)「浮いた球を逆方向に打つことを意識して食らいついていった。決勝でもこれまでチームが大事にしてきたつなぐバッティングで得点したい」

 

◆応えられず悔しい◆

 【松山商・佐藤捕手】(2年生の4番打者)「周囲の期待に応えられず悔しい。相手投手のスライダーが切れていて捉えきれなかった。準決勝まで戦ったという大きな経験を生かし、来年は必ず甲子園に出場する」

 

◆流れ止められず◆

 【松山商・入川投手】(エースとして計5回⅓を投げる)「五回は内角を攻めた結果だが、悪い流れを止めることができず悔しい。(再登板した六回は)点差はあったが、もう一度流れを持ってこようと気持ちを込めた」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。