ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1217日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山の専門学校

地域課題解決 ビジネス模索 プラン作成学ぶ

2018年7月26日(木)(愛媛新聞)

ビジネスプラン作成のポイントを話す玉井裕司プロジェクトマネージャー=25日午前、松山市二番町1丁目

ビジネスプラン作成のポイントを話す玉井裕司プロジェクトマネージャー=25日午前、松山市二番町1丁目

 

ビジネスプラン作成のポイントを話す玉井裕司プロジェクトマネージャー=25日午前、松山市二番町1丁目

ビジネスプラン作成のポイントを話す玉井裕司プロジェクトマネージャー=25日午前、松山市二番町1丁目

 

 地域資源を生かして地域課題を解決する新たなビジネスプランを募集している「EGFアワード2018」(県など主催)の特別講義が25日、松山市二番町1丁目の大原簿記公務員専門学校愛媛校であり、学生約70人がプラン作成のポイントなどを学んだ。

 経営経理ビジネス科と会計学科の学生が参加し、えひめ産業振興財団の玉井裕司プロジェクトマネージャーが講師を務めた。

 玉井さんは「顧客ニーズ(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3Cを分析することが重要」と指摘。顧客とは誰で、何のために、どういう場所で買いたいかなどをリサーチし「ターゲットや目的などを明確に」と話した。

 学生は今後、玉井さんの助言を受けてプランをブラッシュアップしアワードに応募する。締め切りは9月14日。

    おすすめ記事

    <企業広報>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。