ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1114日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛豪雨災害

野球ファンから県に善意100万円 ヤクルトが贈呈

2018年7月26日(木)(愛媛新聞)

 毎年秋に松山市でキャンプを行っているプロ野球ヤクルトの衣笠剛球団社長・オーナー代行(大洲市出身)が25日、東京都千代田区の愛媛県東京事務所を訪れ、豪雨災害の義援金としてファンから募った100万円を中村時広知事に贈呈した。26日には松山市にも球団から200万円を寄付する予定。

 中村知事から被害状況や復旧・復興に向けた取り組みを聞いた衣笠氏は、秋季キャンプに合わせて南予の被災地に選手を派遣し、子どもたちを集めた野球教室を開催する意向を伝えた。中村知事は、浸水被害を受けた西予市野村地域や宇和島市吉田地域などで開催してもらえれば喜ばれると提案していた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。