ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第10日

【今治北大三島 5-12 宇和島南】宇和島南 攻めて輝く、今治北大三島 中盤意地 

2018年7月23日(月)(愛媛新聞)

【今治北大三島―宇和島南】5回裏宇和島南2死三塁、黒田が中前適時打を放ち、6―5と勝ち越す=西条ひうち球場

【今治北大三島―宇和島南】5回裏宇和島南2死三塁、黒田が中前適時打を放ち、6―5と勝ち越す=西条ひうち球場

<西条ひうち球場 3回戦(9時58分)>

 【評】終盤に大量得点した宇和島南がコールド勝ちした。5―5の五回、2死三塁から黒田の中前適時打で勝ち越し。七回には長短打5本の猛攻で、一挙6点を奪って試合を決めた。四回途中からリリーフした西村が1安打無失点の好投で流れを引き戻した。

 今治北大三島は四回、藤原修の適時二塁打を機に4連打で計5点を奪い追い付くも、その後は振るわず。先発金子尚は中盤に立て直したが、七回につかまり押し切られた。

 

◆単打でつなぐ 意識◆

 【宇和島南・黒田右翼手】(勝ち越し打を含む3安打5打点)「自信になる1勝。(五回は)追い付かれていたので、フライにならないよう単打でつなぐ意識で臨んだ。次戦は速球に押し負けないバッティングを心掛ける」

 

◆助っ人や応援 感謝◆

 【今治北大三島・藤原修主将】(四回に適時二塁打を放つ)「試合を振り出しに戻そうと、結果を出してチームを勢いづけたかった。部員が少ない中、助っ人の3人や応援がありがたかった。みんなの力で勝ちたかった」

 

#宇和島南中等教育学校野球部

#今治北高大三島分校野球部

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。