ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
921日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ・第24節

上昇「希」流3連勝 岡山に2―0 複数得点、順位もアップ

2018年7月22日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FC―岡山】前半3分に野沢(左から2人目)のゴールで先制し、喜ぶ愛媛FCの選手=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

【愛媛FC―岡山】前半3分に野沢(左から2人目)のゴールで先制し、喜ぶ愛媛FCの選手=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 

【愛媛FC―岡山】前半3分に野沢(左から2人目)のゴールで先制し、喜ぶ愛媛FCの選手=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

【愛媛FC―岡山】前半3分に野沢(左から2人目)のゴールで先制し、喜ぶ愛媛FCの選手=県総合運動公園ニンジニアスタジアム

 

 明治安田J2リーグは21日、第24節の11試合を行い、愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで岡山と対戦し、2―0で勝利。今季初の3連勝を飾った。通算成績は6勝6分け12敗(勝ち点24)で順位は19位に上がった。

 愛媛FCは試合開始直後に野沢がゴールを決め、後半24分に近藤が追加点を挙げた。

 首位の松本は最下位の京都に1―0で競り勝ち、勝ち点を44に伸ばした。

 愛媛FCは次節、25日午後7時から、大分市の大分銀行ドームで大分と対戦する。

 

②ニンスタ(愛媛2勝)

愛媛6勝6分け12敗 2―0 岡山9勝8分け7敗(35)

▽得点者

【愛】野沢(前3分)(1)、近藤(後24分)(4)

▽観衆 3135人

 

 【評】愛媛FCが序盤から試合の主導権を握り快勝した。

 前半3分、相手CKのクリアから近藤がドリブルで持ち上がり、パスを受けた野沢が先制点を決めた。後半は守勢に回る時間もあったが、24分にシュートのこぼれ球を近藤が押し込み、2点目を挙げた。相手のセットプレーも連係してしのぎ、無失点に抑えた。

 

◆積み上げ新たに◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 新加入選手や新しいシステムを含め、いろんなものを積み上げられた試合。暑さという外的要因がある中でも、うまく主導権を持てた。ボールを持って試合を進める狙いを発揮できたと思う。

 

◆臆病な判断続いた◆

 【岡山・長沢監督の話】 立ち上がりの失点が大きく、少しおびえたような選手の判断が続いてしまった。立ち上がりの緩さを招いたマネジメントは反省している。攻め込んだとき、愛媛の方が潔くシュートを打っていた。

 

◆調子戻ってきた◆

 【愛媛FC・神谷】(最前線で先発)「本来のコンディションに戻ってきた。自由に動いてボールを受けるという自分の持ち味が生かせて面白かった。後半にもっと落ち着いてプレーできれば、攻撃のチャンスも増える」

 

◆やりやすかった◆

 【愛媛FC・禹】(新加入MF。移籍後初先発)「不安はあったが、やれることをやろうと思った。ボールを大事にする意識を持ってプレーした。仲間は周りを見ながらポジションを取っていたので、やりやすかった」

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。