ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
221日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校野球・愛媛大会 第9日

【新田 11-1 土居】新田13安打で圧倒 土居、追加点奪えず

2018年7月22日(日)(愛媛新聞)

【新田―土居】3回表新田2死二塁、大判が中越えに適時二塁打を放ち5―0とリードを広げる=坊っちゃんスタジアム

【新田―土居】3回表新田2死二塁、大判が中越えに適時二塁打を放ち5―0とリードを広げる=坊っちゃんスタジアム

<坊っちゃんスタジアム 3回戦(9時58分)>

 【評】13安打11点を奪った新田が六回コールド勝ちした。新田は二回に田井の適時打、連続四死球からの押し出しで3点を先制。三回にも大判、吉川、石川の連打などで4点を追加した。二回から四回まで毎回打者一巡の猛攻で試合を決めた。投げては田井、松浦のリレーで土居打線を5安打1失点に抑えた。

 土居は三回に4番篠原の適時二塁打で1点を返し、五回には藤田の三塁打で好機をつくったが、追加点が奪えなかった。

 

◆つなぐ打線を意識◆

 【新田・大判右翼手】(2安打2打点)「中軸が不調だったので、下位打線で得点しようと思っていた。コンパクトにつなぐバッティングを意識したことが、結果的に長打となった。次も積極的に打っていきたい」

 

◆チーム全力出せた◆

 【土居・山田主将】(13安打の新田打線に)「全員フルスイングでどこに投げても打たれる気がした。打力の違いを見せつけられた。ただ、エースはしっかり投げ、好投手から1点取れた。チームの全力は出せた」

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。