ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1116日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

19日

抱え上げない介護方法学ぶ 松山で研修会

2018年7月20日(金)(愛媛新聞)

福祉機器を活用した腰痛予防対策などに関する講演があった研修=19日午前、松山市久米窪田町

福祉機器を活用した腰痛予防対策などに関する講演があった研修=19日午前、松山市久米窪田町

 介護現場での福祉機器の利用促進に向けた研修会が19日、松山市久米窪田町のテクノプラザ愛媛であり、中予の介護施設関係者ら約50人が、人力で抱え上げない「ノーリフティングケア」について学んだ。

 中予地区老人福祉施設協議会が主催。ノーリフティングケアはリフトなど福祉機器を活用し、介護職員の腰痛や事故の防止といった効果があるとされ、高知県などで推進されている。

 2014年度から取り入れた高知市の特別養護老人ホーム「はるの若菜荘」の関係者が講演した。生活相談員の渡辺直也さん(39)は「リフトを使うようになって腰や背中の痛みがなくなった」と説明。痛みがなく移乗できるため利用者に笑顔が増え、介助中の事故も減ったとした。

 高知では行政が福祉機器の導入費助成や研修会などを積極的に行っているといい、長崎敬治施設長は「職員の体を大切にすることが利用者への質の高いケアにつながる」と呼び掛けた。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。