ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

完全燃焼 みんなの夏

<上浮穴>背番号1 兄から受け継いで力投

2018年7月19日(木)(愛媛新聞)

2回戦で敗れ、悔し涙を流しながら応援席にあいさつする古川巧真(中央)=西条ひうち球場

2回戦で敗れ、悔し涙を流しながら応援席にあいさつする古川巧真(中央)=西条ひうち球場

 「ピッチャーをやめたい」。上浮穴の3年生投手古川巧真(17)は2年の春先、監督の村田誠に打ち明けた。コントロールが定まらず、迷惑を掛けまいとした決断だった。

 古川が野球を始めたのは小学2年。1学年上の兄・大輝(18)とともにポジションは主に投手。ただ「努力型」の兄のそばで、どこか野球に情熱を傾けられなかった。「中学までは自主練もせず野球が好きじゃなかった」

 転機は高校進学。「どうせなら地元で野球を」と兄のいる同校へ。先輩が楽しくプレーする姿を見て「野球ってこんなに楽しくできるんだ」。嫌いだった自主練習にも積極的に取り組めるようになり、練習でも一球一球への集中力が増した。

 2017年夏、兄の背番号は1。だが、直前のけがなどで登板はなかった。大会後まもなく、古川の足はブルペンに向いた。「最上級生になり、他に投手がいなかった。次は僕という責任感だった」と振り返る。

 「最後の夏、背番号1を背負ってマウンドに立ってくれてうれしかった」と話す兄の前で臨んだ15日の内子戦。ボール先行の苦しい内容だったが、足をつりながら粘り強く戦った。

 2回戦の今治北大三島戦でも先発を託されたが、一回に押し出し四球で降板。「最後なのに、エースなのに、流れを持ってこられなかった」と責任をしょい込んだ。

 それでも「野球の楽しさを知った3年間。上(大学)のレベルでも続けたい」と古川。泥だらけになったユニホームが、楽しくも懸命に白球を追いかけた3年間を物語っていた。

 

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。